レアルの新3番!スペイン人DFバジェホのプレースタイルは?

シェアする

2017年シーズンからレアル・マドリードに復帰が決まったU-21スペイン代表のヘスス・バジェホ。

ベシクタシュに移籍する事が決まったペペの背番号「3番」を継ぐという事でレアル側の期待の高さが伺えますよね。

このバジェホはDFですがどのようなプレースタイルなのでしょうか?プロフィールと共に見ていきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ヘスス・バジェホのプロフィール

 

#WelcomeVallejo Presenting our new No.3… @movistar_likes #RMMovistar #HalaMadrid

Real Madrid C.F.さん(@realmadrid)がシェアした投稿 –

名前ーヘスス・バジェホ・ラザーロ(Jesús Vallejo Lázaro)

国籍ースペイン

出身地ーサラゴサ

生年月日ー1997年1月5日

身長ー183cm

体重ー74kg

ポジションーDF

利き足ー右足

バジェホはスペインのサラゴサ生まれで、幼少時はサラゴサの下部組織でサッカーをしていました。

2014年に17歳でトップチームでデビューを果たすと33試合に出場するなど早くも主力に定着。

2015年には素質を評価したレアル・マドリードにお買い上げされて所属することになりました。

2015ー2016シーズンと2016ー2017シーズンは経験を積むためそれぞれ古巣のサラゴサ、さらにドイツ・ブンデスリーガのフランクフルトにレンタル移籍されていましたが、2017年からレアル・マドリードに復帰することが発表されています。

背番号は「3」。今期でベシクタシュに去るペペの番号を引き継ぐことになりました。

まだスペインA代表の経験はありませんが、アンダー世代には17歳の頃から順調に選ばれています。

POINT

・サラゴサ出身でレアルマドリードに買われる

・フランクフルトにレンタルで移籍して活躍

・2017年レアル復帰、背番号はペペの「3番」

ヘスス・バジェホのプレースタイル

セルヒオ・ラモスのように積極的な守備

3番を継いだことからも分かるようにバジェホのポジションはセンターバック。

フィジカルとスピードに長けたストッパータイプで同じレアル・マドリードのセルヒオ・ラモスを髣髴とさせる積極的な守備が魅力の選手です。

ラモスのようにボールがバイタルエリアに入るとポジションを多少離れてでも猛然とアタックに行き、早めに攻撃の芽をつぶすようなプレーが得意で、レアルのセンターバックには比較的適しているタイプだと言えるでしょう。

セルヒオ・ラモスのプレースタイルについてはこちらも→スペイン代表セルヒオ・ラモスのプレースタイルは?守備の凄さと得点力!

また状況に応じてドリブルで持ち上がるようなプレーを見せる事があり、ダイナミックさも備えている選手です。

展開の早いブンデスリーガでプレーしたことで攻守を素早く切り替えるセンスも育っているのでますますカウンター戦術がメインのレアル向きDFに進化していると感じますね。

スペイン人の中ではビルドアップがまだまだか?

ただ現状の欠点としてはスペイン人にしては後方から試合を組み立てるビルドアップ能力がまだまだかな、という印象はあります。(あくまでスペイン人にしては)

フランクフルトでは3バックでほとんどの試合にスタメン出場していましたが、センターポジションでビルドアップを主に担っていたのは日本代表の長谷部誠選手でした。

スペインリーグでやるならこのビルドアップパスのセンスを磨く必要はあるでしょう。ただレアル・マドリードにはラモスやヴァランなど優秀なセンターバックがたくさんいるのでバジェホならすぐにやれるようになると思いますけどね。

レアルは層が厚いのでサイドバックなど別のポジションをやらされることもあるかもしれませんが、ペペの後を継いで是非優秀な「3番」になって欲しいですね。

POINT

・ラモスのような積極的な守備が魅力

・パワーとスピードに長けたストッパー

・ビルドアップは向上の余地あり