「おかわり君」西武・中村剛也の凄さは?現役ナンバー1の本塁打王!

シェアする

埼玉西武ライオンズに所属する「おかわり君」こと中村剛也選手。

現役の日本人選手の中でも屈指のホームランアーティストと言われ通算6度の本塁打王に輝いています。

なぜ彼はこんなにもホームランを量産できるのでしょうか?力が強いのか?技術が高いのか?

今回はそんな中村剛也選手がホームランを量産できる秘訣をプロフィールなどと共に見ていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中村剛也(おかわり君)のプロフィールと性格

出身地 大阪府大東市

生年月日 1983年8月15日

身長 175cm

体重 75kg

ポジション 一塁手、三塁手

スタイル 右投げ右打ち

中村剛也選手は中田翔選手(日本ハム)や平田良介選手(中日)、藤浪晋太郎選手(阪神)などを輩出する名門・大阪桐蔭高校の出身です。

大阪桐蔭高校を選んだのは自宅から徒歩5分くらいで「近かった」からというスラムダンクの流川みたいな理由でした。

高校時代からパワーに優れ、高校通算83本塁打を放っています。高校野球では珍しい敬遠も何度か受けていますね。

2001年のドラフト会議で西武ライオンズから2位指名を受けてプロ入りした中村選手は3年目からスタメンに定着し始め、通算で6度の本塁打王を獲得するなど日本屈指のホームランバッターとして君臨しています。6度の本塁打王獲得は王貞治氏、野村克也氏に続く歴代3位という偉業。

通算満塁本塁打の方では16本と王貞治氏を超えて歴代1位です。

打点王も3回獲得しているようにホームランだけでなくチャンスを決めきるバッティングが売りだと言えるでしょう。

あだ名は「おかわり君」だが性格は暗い?

中村選手の有名な所はホームランだけでなく「おかわり君」というずんぐりした体型にピッタリのあだ名。

これは入団した時に好きな言葉は?と聞かれて「おかわり」と答えたことからメディアでも当然のように使われることになりました。

確かにご飯をおかわりするようにホームランを量産していますし、その見た目にも適したあだ名ですよね。

しかし当の中村選手は結構暗い人で、愛嬌はあまりないタイプの人です。

ホームランを打っても喜んでいる様子はあまり見られませんし、笑顔も少ないです。

いつも自分のバッティングに対して何らかの反省を口にしている事が多いので、見た目に似合わず職人気質の性格と言えるでしょうね。

中村剛也の凄さは?意外とテクニック系!

中村剛也選手の最大の魅力と言えばやはりホームランでしょう。

飛距離のみならずその軌道の美しさから「ホームランアーティスト」と呼ばれています。

通常ホームランを量産する選手のイメージとしては体を目いっぱい使った豪快なフルスイングがイメージに浮かぶかと思いますが、中村選手の打撃フォームを見てみると全然力を入れていないようなスイングでいとも簡単にホームランを打っています。

こんな力を抜いたようなスイングでこの飛距離。

これは105kgの肉体から繰り出されるパワーももちろん関係していますが、中村選手独特のタイミングと回転力も関係しています。

中村選手はスイングスピードが速いわけではないですが、打球にタイミングを合わせてバットを振るのが天才的に上手い選手です。また体を回転させて力を伝えるのも上手いですよね。軸足を浮かせて腰の回転スピードを高めています。

身長は175cmとパワーヒッターの中では小柄な方ですが、それでもこんなに打球を飛ばせるのはミート力など技術が高い証拠です。

大谷翔平の159kmストレートもおかわり君にかかれば簡単にはじき返されてしまいます。

2011年に「飛ばない」統一球が導入された時も何人もの選手が成績を落としたなか、中村選手は48本とダントツの本塁打数を誇っています。

これは単純にパワーだけなく技術も無ければ不可能な数字ですよね。

また2008年、2009年と40本以上ホームランを打っていた時に顕著だったのが「ミートポイントの位置」。

この時の中村選手はミートポイントを投手よりの「前」に設定することによってバットが一番加速する所をボールにぶつけてホームランを量産していました。

手に怪我をしてからミートポイントを後ろにずらすようになってそれでも打っていましたが、2017年に少しミートポイントをこの時に戻したような印象を受けます。2017年は相当の打つのではないか?と期待してます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする